ビットコイン

コインチェックがハッキングされ580億円流出。

更新日:

コインチェックがハッキングにより580億円以上の被害を生んだ模様です。
この件を受け、ビットコインを含め全てのアルトコインが5%程の下落をしています。今回の被害にあった。ネム財団のLon Wong氏や他の様々な著名人達がコインチェックのハッキング被害の疑惑についてコメントを残しています。

コインチェックは本日2018年の1月26日の午後から一部の通貨を除いたコインの取引を停止していました。それに対する記者会見が23:30分から始まる予定です。

まだ公式からの正規な発表がなにもない状態のため、現在新聞社等様々なメディア、多額の投資をし、資金を預けている投資家らがコインチェックの本社前に集まっている状況が続いています。

ネム財団のLon Wong氏のコメントは次のようになってます。

「コインチェックがハッキングされたことは大変残念に思いますが、この事態を収拾するために如何なる協力を惜しみません。」

ハッキングについて断言しているのをみるとコインチェックの状況は良くないと疑わぜるを得ない状況です。

他にもLon Wong氏はハッキングに対してどのように被害を対応していくかの説明もしています。

今回の騒動で、コインチェックがネムを盗まれてしまった決定的な要因NEMのマルチシグを採用していなかった事が大きな理由である。今回のハッカーによる仮想通貨の盗難事件は、ネム自体の脆弱性やその他問題によって起きたものでは決してない。したがって、ハードフォークは行わない。しかし、今回起こった事件は仮想通貨が生まれて史上、最大級の被害額となある

Lon Wong氏が発言しているとおりもしこのハッキングが予想の範囲でなく事実であれば、仮想通貨のハッキング絡みの事件はこれまでも多数ありましたが、それらの事件の中でも過去最高の額になるだろうとのことです。もしもハッキング疑惑が確認されそれが事実だった場合は、それは過去の仮想通貨のハッキング事件の中で最高の被害額にのぼるであろうと注視されています。

ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生か

「日本国内のビットコイン取引所。そのうちの大手であるcoincheck(コインチェック)社で、顧客が預けていた金融資産のうち、仮想通貨であるネムが総額5.4億ネム、日本円に換算すると580億円に相当する量が不正に送金されていることが分かった。

これは憶測にすぎないが、ハッカーグループは恐らくは日本国内の契約者に成りすまし偽装した中華系グループ(昨年11月の事件と同様にの事件が発生していた)ではないかと見られます。

また、ビジネスインサイダージャパンも取材を行なっており、ただ今コインチェック本社の前で情報を直に発信しています。

金融庁のコメントなども掲載されています。

コインチェック流出疑惑がおこり沢山の人が渋谷にあるコインチェック本社前に訪れています。その時の気温はマイナス2度でした。本社前には1億円預ける30歳の一般人の姿もあった模様です。

会社の裏口にも多数の人が訪れ中の様子をうかがっています。ついには警察まで出動して統制をとっていました。

関係者によると、多額の仮想通貨が流出したのではないか。その可能性が高いという見解がある。

このように、各社がこぞってハッキング疑惑について情報を発信している状況です。

記者会見が始まりました。記者会見が始まる前までに既に会社の入り口は閉鎖されており、ロビーは閑散とした雰囲気が漂っています。

暗号通貨は、暗号鍵を盗まれてしまったら取り戻せない。戻ってこない。しかし、どこへ送ったは分かるのでそれを追跡するしかないが、取り戻すのは難しいでしょう。

不正アクセスされた正確なアカウント数は不明。3時からハッキングが始まり、気づくまでに8時間半かかり、それまでは580億円が盗まれたということだ。なぜこんなに発見が遅れ被害が拡大してしまったか記者から質問があってもはぐらかすばかり。

ネット犯罪は最終的に誰がやったのか分からない可能性が高い。肝心の補償に関してはどういう方法があり得るのか?取り返すのか補償するのか、いつにするのか。どこの時点で補償するのか。サービスの復旧も未定。他の通貨が日本の補てんに充てられる可能性はあるのか。キャッシュ、日本円に関してはどうするのか。

現金の補てんの対応も現在対応中としか判明していない。金融庁の仮想通貨の登録はまだ受けていない。取得を目指している。コマーシャルは取れることを前提に事業を進めている。

仮想通貨交換業者の登録

コインチェックはマルチシグコントラクトに対応してなかったようで、この点が脆弱性となりハッキングされた一要因となっているようだ。

かかっている通貨と、かかっていない通貨がある。

顧客から預かっている資金を補てんする明確な規定はない。なぜ狙われたかは分からない。580億円の補償する手段

ネム以外の資産を保有するホルダーの資産は毀損されていない。しかし、当然100%とはいえない。

なりすましと今回の大規模ハッキングはまったく別物として扱っており、IDやパスワードを盗まれてなりすまされた場合は補償を行っているが、今回は別件なので対応方法が決まっていない。

東証で出来高も売上も営業収益も明かさないのは考えられない。

通貨によってビットコイン、イーサリアムはコールドウォレット、イーサリアムにはマルチシグがない。ビットコインはマルチシグとコールドウォレット

保存しているほぼ全てのネムが盗まれた。最悪のケースとしては顧客から預かっている資産を返せない可能性もあると言っている。

1月26日午前3時 コインチェックのネムのアドレスから5億2千3百万ネムが送信された。

検知した時点でのレートに換算すると日本円で580億円相当

同日11時25分 ネムの残高が異常に減っていることを検知

同日11時58分 ネムの入金、出金を停止した。

12時57分、 ネムの売買を停止

16時33分、 日本円を含む全通貨の送信を停止

17時23分、 ビットコイン以外の全てのコインの売買を停止

金融庁、警視庁へ報告済みとのことでした。

-ビットコイン

Copyright© ビットコインの始め方 , 2018 AllRights Reserved.